MEN'S SELECT SHOP

Oct. 11. 2019

ACRONYM AIR JET WOOL VEST (J65-AJ)

  本日もHUES 2nd floorにて展開中のACRONYMからウェアをご紹介。   ACRONYM HD NYLON POLARTEC®ALPHA®MODULAR BLAZER(J29-PX) […]

ACRONYM AIR JET WOOL VEST (J65-AJ)

 

本日もHUES 2nd floorにて展開中のACRONYMからウェアをご紹介。

 

ACRONYM HD NYLON POLARTEC®ALPHA®MODULAR BLAZER(J29-PX)

 

今シーズンのウェアは今回でラスト、ニットのご紹介です。

 

 

 

BRAND : ACRONYM

ITEM : AIR JET WOOL VEST(J65-AJ)

FABRIC : BABYLLAMA AIR JET WOOL

(80% WL, 20% PA)

LlamaSoft® dehairing technology

Average fiber diameter 20.5-22.5 microns

SIZE : M

PRICE : ¥112,000+tax

 

 

 

Babyllama Air Jet Wool構造を使用したACRONYMでは初のウェア。

Llama Soft ® (ラマソフト)」と呼ばれるDehairing Technology(脱毛テクノロジー)を使用し、

ラマから取れる毛の中でも細くまっすぐな毛のみを選定し生地にすることで、

実用性と贅沢さを兼ね備えた一着に仕上がっています。

 

 

 

Llama Soft ® Dehairing TechnologyはボリビアにあるAltifibers社が持つ、ラマ脱毛技術においては最大かつ唯一の特許。

 

ボリビアには世界でもっともラマが生息し、その数約220万頭。

 

しかし、一般的にラマの繊維は最大90ミクロンとも言われ、

(人間の髪の毛が70~80マイクロン、羊の毛は19~24マイクロン、カシミヤの毛は14~16マイクロン程度)

繊維としては魅力的ではないため生地には向いてませんでしたが、

Altifibers社が開発した技術によってカシミヤやキャメルの脱毛プロセスと同じ工程をラマでも可能に。

 

 

 

そうすることで、アベレージ20.5-22.5 ミクロンの繊維をラマから摂取することが実現。

さらにラマの繊維は内部が中空となっているため、優れた断熱性能を持っていることも発見しています。

また、繊維表面のフレークと呼ばれる部分がコンパクトであるためふんわりした手触りと優しいタッチの生地に仕上がっています。

Altifibers社のラマは世界最高のラマ繊維とも呼ばれ、その優れた生地は限られたブランドのみに使用することを許されています。

 

 

 

さらにナイロンヤーンを加えることで堅牢度の面の向上させています。

 

 

 

意図された半袖パターンは、インナーとのレイヤードスタイルを楽しむことができる構造。

ベストのようにラフに羽織れるデザインに。

 

 

 

さらには、見た目とは裏腹な抜群の軽さから、ACRONYMのアウター類とのバランスも絶妙。

 

 

 

デザインを損なうことのないコーティングされたYKK社のジップ。

下のリブ部分にはブランドタグ。

 

 

 

着用時のストレスのない袖付け、ウエストのゆとり、全ては快適に着るための計算。

 

 

 

縁取りは強度を上げるためのリブ編みを補強。

 

 

 

ナチュラルでハイテクな一着。

 

是非、一度店頭にてご覧ください。

 

HUES 2nd floor

福岡市中央区警固1-15-28 吉浪ビル2F

092-717-6074

info@hues.co.jp

Blog

Instagram

Facebook

Brand products