ONLINESTORE

Aug. 31. 2021

ポータークラシックのコットンモールスキン フレンチジャケット

ポータークラシックにおいて、代表的な定番シリーズ「コットンモールスキン」 フランスでは炭鉱夫などを中心にワークウェアとして活躍していたモールスキンをポータークラシックらしく提案している人気のアイテムです。 今日は人気モデ […]

ポータークラシックのコットンモールスキン フレンチジャケット

ポータークラシックにおいて、代表的な定番シリーズ「コットンモールスキン」

フランスでは炭鉱夫などを中心にワークウェアとして活躍していたモールスキンをポータークラシックらしく提案している人気のアイテムです。

今日は人気モデルのフレンチジャケットをご紹介致します。

 

BRAND : Porter Classic

ITEM :MOLESKIN FRENCH JACKET 

COLOR :Black.Kaki

FABRIC : Cotton

SIZE : S,M

PRICE :¥64,900-税込

 

ポータークラシック定番のフレンチジャケット。

大きく作られたフロントポケットに少し丸目に作られた襟。

フレンチジャケットをベースに、 シルエットはPorter Classicらしいゆるさのあるシルエット。

ゆるさもありますが、野暮ったを感じない 絶妙なシルエットです。

 

5つの大きなフロントボタン、フレンチジャケットの表情を作る大切なディティールです。

配置もボタンのサイズ感もちょうどいいバランスです。

 

ポケットは左右のハンドポケットと胸ポケット。

左胸のポケットには切符などを入れれる小さな収納も付いています。

 

ポータークラシックのモールスキンはでは太い綿を両面で起毛しながら織り上げることに寄って、生地に空気がこもり、

ふわっとした優しい肌触りが特徴です。

着用した初日からずっと着ていたかのような馴染み具合は、

服装やスタイルを選ぶこと無く多様なシチュエーションにハマります。

 

また、コットンモールスキンシリーズの染色方法は硫化染めを施していいます。

硫化染めは使うほどに、程よく色が抜け独特の風合いを増すことが特徴的な染色方法で、

藍染ほど色落ちがせず、使うほどにゆっくりと色が抜け独特の風合になります。

日本の職人の心意気とともに長く愛用される仕事着に使われてきた伝統のある染色方法です。

 

その為、着用した初日からずっと着ていたかのような馴染み具合に。

硫化染めならではの染めむらのある風合いを楽しんで頂けます。

長い年数を着込む事で、身体に馴染んでいき、特有の味わいを感じるシリーズです。

 

インナーに着用しているのは人気のアロハ。

PC BODYBOARD CLUBのワッペンが。

生産から商品が出来上がるまでのスピード感が重視されている時代に、

丁寧に細やかに製作されているPORTER CLASSICのアロハです。

詳細はこちらをご覧下さい。

ポータークラシックのネイビーブルーアロハ

 

ナチュラルなアタリやパッカリングをお楽しみ頂けるポータークラシックらしいアイテムです。

ぜひ、この機会にお試しください。

 

 

HUES 1st floor

福岡市中央区警固1-15-28 吉浪ビル1F

092-717-6074

online@hues.co.jp

Blog

Instagram

Facebook

Tumblr

 

 

 

 

 

リクルート

HUESでは業務拡大のためスタッフを募集しております。経験は問いません。オシャレが好きな方、興味のある方、人と接することが好きな方は是非ご応募下さい。

VIEW MORE