MEN'S SELECT SHOP

Oct. 19. 2020

【YouTube】ファイトのハンドソーンロウラバー 2色をご紹介!

本日はハンドメイドシューズブランドのFEITからハンドソーンロウラバーをご紹介します。 こちら、YouTubeでもご紹介しておりますので、お時間ある方は是非チェックしてみてください。 みなさん、スニーカーばかり履くのって […]

【YouTube】ファイトのハンドソーンロウラバー 2色をご紹介!

本日はハンドメイドシューズブランドのFEITからハンドソーンロウラバーをご紹介します。

こちら、YouTubeでもご紹介しておりますので、お時間ある方は是非チェックしてみてください。

みなさん、スニーカーばかり履くのって飽きたりしてませんか。

でも、革靴はちょっと足が痛くなる。

そこで、ずっと長く履けるスニーカー、お探しではありませんか。

そんなスニーカーがあるんです。

 

それがFEITのハンドソーンロウです。

スニーカーのような履き心地を持ちつつも、履けば履くほど育つ、そんな一足。

BRAND:FEIT

ITEM: Hand Sewn Low Rubber

FABRIC: leather 100%

STOCK : BLACK size 40,41,42,43 / TAN size 40,41,42,43

PRICE: 77,000+TAX

 

FEITのブランドについては、以前のYouTubeにてご紹介しておりますので、

コンセプトなどを詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

 

履き心地を考えた作り、履けば履くほど育つ作り、

そして、FEITのブランドコンセプトそのものとも言えるシンプルなデザイン。

特徴としては、一枚革で作られているということ。

縫い目がかかとにしかありません。

そして、縫い目が少ないということは、シンプルな見た目という上に、足馴染みが良いということ。

履けば履くほど、着用者の足の形に馴染んできます。

 

 

アッパーに使われている素材は、ベジタブルタンニン鞣しを施したセミコードバンを採用しています。

セミコードバンというのは馬のお尻の部分のレザーを指します。

ベジタブルタンニン鞣しは、使えば使うほど風合いが増す方法。

 

タンというカラーは、履き込むことで色が濃くなって、飴色に育ちます。

また、ブラックのカラーは履けばツヤが出てきます。

 

もちろん、どちらも履けば履くほど、革が柔らかくなって更に履き心地が良くなります。

 

こちらのハンドソーンロウにはレザー紐が最初からついているのですが、

付属でコットンの平紐もついてきます。

気分によって変えていただければ。

 

アウトーソールに関しては、レザーソールを採用していますが、

その上からビブラムのラバーソールを貼っていますので、

履いてソールが削れたら、このラバーソールの部分だけ取り替えてもらえれば。

より長く履いていただくことができます。

 

そして、この靴は一点一点職人が製作しています。

普通、パーツやライン毎に分業をするところを、FEITの靴は1人の職人が一から全て製作しています。

これは、ベンチメイドという製作方法でして、

ベンチメイドというのは一般的には何十万もする靴を作るときに採用される製作方法とも言われています。

 

スニーカーのような見た目のも関わらず、内部の構造は革靴と同じ構造をしています。

革靴と同じといっても、履き心地を考えた作りですので、

中にコルク材を用いたり、替えのソールが2つ付いてきたりします。

そのコルクが履くと足型に沈み、フィット感が増し、より履き心地が良くなります。

 

サイズ感に関しては、大きすぎたり、小さすぎることなく、

サイズ41で26.0cm〜26.5cm、サイズ42で27.0cm〜27.5cmといったイメージです。

(ハーフサイズぐらいですと付属のインソールで調節が可能です。)

普段マルジェラの靴サイズ42を履いているスタッフもFEITのハンドソーンロウはサイズ42でぴったりでした。

 

 

スニーカーのような履き心地にも関わらず、革靴のように育つ、

それがFEITのハンドソーンロウです。

 

是非、ご自身だけの一足に育ててみてください。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


HUES 1st floor

福岡市中央区警固1-15-28 吉浪ビル1F

092-717-6074

info@hues.co.jp

Blog

Instagram

Facebook

YouTube