MEN'S SELECT SHOP

Jan. 22. 2019

パリ日記 Day3

皆さま、こんにちは。   パリ日記day3、まずは無二の生地感でお馴染みのBIEK VERSTAPPENのシュールームから。       デザイナーのBIEK氏に生地感や染色方法を […]

パリ日記 Day3

皆さま、こんにちは。

 

パリ日記day3、まずは無二の生地感でお馴染みのBIEK VERSTAPPENのシュールームから。

 

 

 

デザイナーのBIEK氏に生地感や染色方法を詳しく聞きながらアイテムを吟味。

今回も素材感の良いアイテムが揃っています。

 

 

お次はANN DEMEULEMEESTERのショールルーム。

アンに来ている人は総じて黒、とちょっとの白。

さらに、モデルがコレクションの服を纏いショールームをぐるぐるしています。

 

 

その後はヨウジヤマモトの展示会場へ。

コレクションがあったところで展示会は行われ、会場一周するほどの服がすらりと並んでいます。

黒の表現として、昔の大辞典の『黒』のページをデザインモチーフにしたり。

そしてパリで見る最後のランウェイはGeoffrey B.Small。

 

 

今回のコレクションテーマは”ONION”

ロシア文学の名作ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟の演劇からコレクションはスタート。

 

 

劇をしながら同時にモデルがウォーキング。

一貫した世界観はさすがジェフリー。

 

 

 

HUES

福岡市中央区警固1-15-28

092-717-6074

info@hues.co.jp

Blog

Instagram

Facebook

Tumblr