ONLINESTORE

May. 17. 2020

ACRONYM 3L Gore-Tex® Pro Interops Jacket (J47-GT)

極限まで洗練されたギア要素を持つ”究極のウェア”を開発、そしてリリースを続けるアクロニウム。 デザイナーのエロルゾン・ヒューはNIKE ACG、ARC’TERYX VEILANCE、Stone Island等のデザイン、 […]

ACRONYM 3L Gore-Tex® Pro Interops Jacket (J47-GT)

極限まで洗練されたギア要素を持つ"究極のウェア"を開発、そしてリリースを続けるアクロニウム。

デザイナーのエロルゾン・ヒューはNIKE ACG、ARC'TERYX VEILANCE、Stone Island等のデザイン、アドバイザーとして携わった経歴を持ちます。

 

ΛCROИYM® SS-20//00:00‬ (‪07 Apr‬) Drop Start !!!

ACRONYM®️ SS-20 2nd Delivery Release Start

今シーズンも機能性とデザイン性を高度な次元で融合させたプロダクトがラインアップ。

中でも今回ご紹介するのはアクロニウムが提案する要素を詰め込んだ究極の一着、通称"オペレーションジャケット"と呼ばれる一着を。

 

BRAND : ACRONYM

ITEM : 3L Gore-Tex® Pro Interops Jacket (J47-GT)

FABRIC : 3L GORE-TEX® PRO [Next generation technology]

(70% PA, 30% ePTFE)

SIZE : S , M  sold out!

PRICE : ¥270,000+tax

 

※着用スタッフ175cm 63kg サイズM着用

Tops / ACRONYM

Inner / ACRONYM

Pants / Ground Y

Bag / bagjack

 

フード付きブルゾンタイプのJ47-GTは比較的タイトなシルエットで製作。

 

素材にはGORE-TEX素材の中でも最高峰の機能性を持つ、最先端のGORE-TEX Proを使用。

3レイヤーシステムと呼ばれる独自の3層構造の生地は防水性、防風性、そして透湿性を保証します。

また、GORE-TEX Pro ガーメントは、非常に丈夫なデザインとなっているため、長年にわたって保護性能が維持されます。

 

横なぐりの雨でも猛吹雪でも、GORE-TEX Proのガーメントなら問題なし。

過酷な環境下でも信頼できる防水耐久性を長期間維持します。

また、汗を水蒸気の形で外に発散する優れた透湿性は中で蒸れることなく、常に乾いた状態を維持します。

温度を下げる一番の原因と言われる風もシャットアウトし、身体をしっかりと保護。

環境にとらわれず着用を可能にしています。

 

この最先端の素材は快適性を提供し、さらにアクロニウムでは、日常における動作に基づいた機能性を加えていきます。

フロントのポケットには9.7インチのiPadが余裕で入る大きめなポケットを配置。

中は二段階になっており、大きなスペースと、携帯がおさまるスペースと分けられています。

 

腰に配された左右のポケットは内部で前後に分かれており、中でモノを分けることができます。

 

袖口はテープにより、手首にフィットする仕様。

 

ジャケットの袖口から携帯を片手で取り出せる特殊スナップを仕様したポケット「Gravity Pocket(グラヴィティポケット)」

グラビティ(重力)を利用して、袖のポケットに入れたモノがストンと下に落ちてくる仕様。

携帯やそれ同様の大きさのものが収納でき、左右の袖口に施されています。

 

オリジナルの立体的な仕立てのフード「Storm Hood(ストームフード)」

立体形成のフードが頭部をカバーして雨風を完全に遮断します。

また、内部のワイヤーシステムと連結した後頭部のコードを絞ることで、より頭にフィットしながら、

被った状態でも視界が遮られることなく顔の向きに連動して動いてくれるというもの。

フードは中に折り込んで収納もできます。

 

ネオジウム磁石入りのイヤホンを固定しておける取り外し式のタブ「Forcelock(フォースロック)」

 

左右テープ処理されており、付け替えが可能。

オプションのACRNMタグにして、アクセントを加えても。

 

右側のサイドポケットの後ろにある大きく広がるスリットジップ「Interops」ディテール。

アクロニウムの特許であるこの仕様は、バックを雨などから防ぎつつ、腰回りの可動域も広げます。

 

内側の襟元にあるジップと、袖口にフープをつけていますが、

これらはACRONYMの他のジャケット類とドッキングを可能にする「Modular System(モデュラーシステム)」

ミドルレイヤーのアイテムと組み合わせることでさらなる機能性をプラスします。

 

シルエットの調節はウエストのドローコードで絞ることもできます。

 

フロントには三段階でファスナーを配置。

胸元までの止水ジップの上にフロントのポケットを開けるジップ、そして一番長いジップ。

また、スナップボタンを二箇所配置することで、それぞれ、合わせるアイテムやスタイルによって開け具合を調節できます。

 

最も長いジップは、消防士が熱を持った上着を瞬時に脱ぎ捨てられるようにワンクリックで全開になるZIP「Escape ZIP(エスケープジップ)」を採用。

一番上まで上げ、固定されたところからさらにもう一段階グッと持ち上げることで、ジップが上からも開く仕様になっています。

 

ジャケットを着用しない時にコンパクトに背負える着脱式のストラップ「Jacket Sling(ジャケットスリング)」を搭載。

 

室内外の温度調節や気候の変化によって、ショルダーバッグのように背負うことができます。

 

「Jacket Sling」のストラップ、ドローコードの留め具には「Speedlook(スピードロック)」と呼ばれる、

黒い部分を引くと締まり、緑の部分を引っ張ると緩むというイージーな調節を可能にするディテール組み込まれています。

 

人体工学のもと作られたシルエットは動きを制限することのない立体パターン。

ノンストレスであり、あらゆる環境に対応する一着。

 

まさに"究極のウェア"の一つと言えるアイテムです。

 

HUES 2nd floor

福岡市中央区警固1-15-28 2F

092-717-6074

online@hues.co.jp

Blog

Instagram

Facebook

リクルート

HUESでは業務拡大のためスタッフを募集しております。経験は問いません。オシャレが好きな方、興味のある方、人と接することが好きな方は是非ご応募下さい。

VIEW MORE