ONLINESTORE

Mar. 14. 2016

Maison Margiela 16ss / STRAIGHT-TIP

Maison Margiela / leather Shoes ¥82,000+TAX 本日はMaison Margielaから革靴のご紹介です。 革靴といっても種類は幅広く ・ストレートチップ ・プレーントゥ ・ウィン […]

Maison Margiela 16ss / STRAIGHT-TIP

IMG_7091

Maison Margiela / leather Shoes ¥82,000+TAX

本日はMaison Margielaから革靴のご紹介です。

革靴といっても種類は幅広く

・ストレートチップ
・プレーントゥ
・ウィングチップ
・モンクストラップ
・ローファー など様々。

今回はその中でもよりドレッシー寄りのストレートチップのご紹介です。

IMG_7107

ストレートチップはその名のとおり、

トゥの部分にまっすぐにラインがデザインされているのが特徴の革靴。

マルジェラはこのストレートチップを毎シーズンマイナーチェンジさせ登場させます。

IMG_7093

IMG_7095

変わらずベースとなるデザインはまず、「シルエット」

靴の顔とも言えるつま先の丸みは親指の辺りを少し盛って、小指に向かって傾斜しています。

これは足への革馴染みはもちろん、光の陰影も計算することで立体的な形に。

そして甲も高すぎず低すぎず、脚を綺麗に、なおかつパンツを引き立てるようなバランスです。

IMG_7100

そして、もう一つが「スリッポン」として履けるということ。

これはジャーマントレーナーにも見られる仕様で、タン部分にゴムをつけてます

これを、別名「エラスティックシューズ(スリッポンとほぼ同じ)」と言い、

フォーマルな印象の革靴が一転して抜け感のある一足に。

「あえて」の紐無しで、というマルジェラらしい一工夫です。

IMG_7104

さて、ここまでは今まで通りですが、

今季のストレートチップに見られるマイナーチェンジは大きく2点!

IMG_7108

一つ目は、先ほどから一番目にしてる「革」の仕様

革と言っても変わったのはあくまで加工の話。

ブラッシュド加工と呼ばれる、出来上がったレザーを擦り毛羽立たせる加工を施しています。

そうして、最初から履きこんだかのような風合いを演出しています。

 

IMG_7110

 

そして、二つ目は「ソール」

この本体から出ている部分を「コバ」呼びますが、今まではこの部分を

なるべく削り、スマートな印象に仕上げていましたが、今回はデザインの一部として残しています。

ただ、流れとしてあるワイドパンツとの相性はこちらの方が◎

ロールアップ幅の太さに対してのバランス、またジャスト丈にしたパンツの裾から除くトゥが

コーディネートをより一層引き立ててくれます。

IMG_7109

Maison Margiela / leather Shoes ¥82,000+TAX

普段はスニーカーばかりという方、春物に移行する今の時期に

革靴に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

HUES

福岡市中央区警固1-15-28 1F

092-717-6074

info@hues.co.jp

Blog

Instagram

Facebook

WEAR

LINE@

リクルート

HUESでは業務拡大のためスタッフを募集しております。経験は問いません。オシャレが好きな方、興味のある方、人と接することが好きな方は是非ご応募下さい。

VIEW MORE