HUES

KAI Clutch bag M

CATEGORY:BLOG   TAGS:

皆様、こんにちは。

 

 

本日ご紹介するのは、こちらのアイテムです。

 

_mg_8076

KAI

Clutch bag M

Price ¥ASK

 

昨今時代とともに衰退してきており、 KAIは、100年以上続いているタンナーの工場を借り切って、

そこにアトリエを構えて製作。

このタンナーに残っている昔ながらの機械を使用して製作出来るのも大きな魅力。

ミシンやバフ、革の削ぎ機など、全てタンナリーに残っていた昔の機械を今でも使用しています。
KAIの大きなもう一つの魅力としてアニリン染色という方法です。

最高級素材の表情を殺さず、素材感をとても活かした染色技法で、

ラグジュアリーな物作りにおいてはよくある染色方法なのですが、

彼女達は染料を独自に開発し、ブレンドしています。

 

_mg_8324

彼女達のプロダクトの生産方法として、 通常の鞄や革小物の製作方法と異なり、

シューズ製作に近い、木型を使用した製作を行なっているため、

縫製箇所を出来る限り少なく仕上げ、木型につり込んでフォルムを成形しています。

また、この工程の中で、一度水に浸してから一度革を縮め、

木型でつり込んでギリギリまで正確にフィットするように伸ばす作業も。

 

本来アニリン染色は革の色目や質感が非常にナチュラルに近い形で美しく出る一方、

水に弱いというデメリットを持っていますが、KAIの場合は、一度水に浸している結果、

アニリンダイでありながらも水への耐性が通常のアニリン染めよりも高い特徴を持っています。

 

_mg_8315

ミリ単位で計算・構築しないと成し得ない素晴らしい仕上がり。

 

_mg_8322

 

_mg_8311

フラップを開閉する時に引っ掛ける丸い2つの輪を利用し、

そこに指を通して持ち運ぶ事も出来るクラッチバッグ。

 

_mg_8320

_mg_8122

附属のストラップを使用し、ショルダーバッグとしても利用可能です。

サイズ感もありそうでない、ちょうどいいバランスです。

 

 

 

ぜひ、この機会にお試しください。

 

HUES 3rd floor

福岡市中央区警固1-15-27 田中ビル3F

092-724-3399

info@hues.co.jp

Blog

Instagram

Facebook

WEAR

LINE@